誰が相続人になれるのか

誰が相続人?  :配偶者は常に相続人です。

            :次に第一順位として,死亡した人の子が相続人となります。

               死亡した人の子が死亡した人よりも先に亡くなっている場合はその子(死亡した

               人から見て孫)が相続人となります。

            :第一順位の相続人(死亡した人の子等)がいない場合は,第二順位として死亡した人 

             の直系尊属が配偶者に加えて相続人となります。

            :第一順位の相続人も第二順位の相続人もいない場合,第三順位として死亡した人の

             兄弟姉妹が配偶者に加えて相続人になります。

            :死亡した人の従兄弟や叔父・叔母等は相続人にはなりません。

            :内縁の夫や妻は,長い間生計をともにし子供をもうけていたとしても相続する権利が

             ありません。